【臨時休館中】企画展「クラシックホテル展 -開かれ進化する伝統とその先-」

2020/02/08(土) ~ 2020/05/31(日)

観る
知る
天王洲アイル駅, 品川駅

建築倉庫ミュージアムは新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、臨時休館中です。

クラシックホテル展 建築倉庫

2020年2月8日(土)〜5月31日(日)、建築倉庫ミュージアムにて「クラシックホテル展 -開かれ進化する伝統とその先-」が開催されます。

本展では、ホテルの原点とでもいうべき日本を代表する11のクラシックホテルを中心に、その変遷を辿るとともに、建築空間に積み重なる”ものがたり”に焦点を当てます。クラシックホテルは創業者やホテルを取り巻く人々の強い想いや思考とともに、今日まで生き続けています。会場では長い年月をかけて紡がれ、そして今後も継承されるべきクラシックホテルの魅力を、建築図面や写真、映像・言葉・グラフィックなど様々な角度から体感することができます。

【見どころ】
◆日本を代表する11のクラシックホテルが集結、100年の変遷とこれから
開国期である1870年代〜現在にいたるまで、今もなお進化し続けている11のクラシックホテルを中心に、クラシックホテルの変遷とこれからを、各ホテルに残る建築図面や写真など貴重な資料の数々から問いかけます。

◆創業者の強い想いと建築空間との関連性に迫る展示
クラシックホテルには、建築、室内装飾など随所に、創業者の込めた想いが色濃く反映されています。本展では創業者の想いを建築家がいかに建築空間に落とし込んだか、音声・映像・写真・家具の展示からその関連性に迫ります。

◆建築家 今里 隆氏ほか建築家への撮りおろしインタビュー映像を初公開
建築家 吉田五十八のもとでホテル設計に携わっていた今里 隆氏をはじめ、竣工時に実務担当をしていた建築家の撮りおろしインタビュー映像を公開します。

◆バーナード・リーチ着想のバー空間に設置される椅子など、長い年月を越え空間を演出する家具の数々
民芸運動など日本とも関わりの深い陶芸家 バーナード・リーチの着想を基に生まれたバー空間に設置される椅子など、長年ホテル空間を演出してきた家具の実物を特別展示します。

◆クラシックホテルの新たな魅力に迫る撮りおろし写真を公開
今回、本展のために各ホテルの最新写真を撮りおろし。100年の時を越えて今なお現役稼働するクラシックホテルの息吹を感じて、新たな魅力を発見していただけます。

◆会場内でホテルの香りを体験
2020年3月20日(金・祝)〜22日(日)の期間は、展示室内でアーティスト・和泉 侃が手掛ける、リーガロイヤルホテル内で実際に使用されている香りが体験できます。

※オンラインチケット制です。販売は2020年1月19日(日)より開始。詳細はこちらから

クラシックホテル展 建築倉庫
左)山の上ホテル、右)リーガロイヤルホテル(大阪)
【臨時休館中】企画展「クラシックホテル展 -開かれ進化する伝統とその先-」

開催日時
2020年2月8日(土)〜5月31日(日)
11:00~19:00(最終入館18:00)
※月曜休館(祝日の場合、翌火曜休館)

開催場所
建築倉庫ミュージアム 展示室A
品川区東品川2-6-10

交通アクセス
りんかい線・天王洲アイル駅 徒歩5分
JR品川駅 港南口 徒歩15分

料金
一般 3,100円、大学生・専門学校生 2,000円、高校生以下 1,000円
※障害者手帳をお持ちの方とその付添者1名は無料。ご入館の際、障害者手帳等をご掲示ください。
※学生の方は、ご入館の際、学生証を拝見しております。忘れずにご持参ください。

URL
https://archi-depot.com/exhibition/classic-hotel

マップ