物流博物館 11月「マンスリー上映会」

2020/11/29(日)

観る
知る
品川駅, 高輪台駅
物流博物館 11月「マンスリー上映会」

2020年11月29日(日)、物流博物館にて11月の「マンスリー上映会」が開催されます。
物流博物館は、昭和20年代~50年代の物流に関する映画フィルムを収蔵し、作品の多くをデジタル化。毎月上映会を開催しています。

※すべてデジタルリマスター版による上映です。

※事前予約制で開催。
定員:各回15名(要電話予約)/
TEL:03-3280-1616

<上映作品>
(1) 「この変貌の日に」
1970年/22分/カラー/製作:電通・電通映画社/企画:日本通運㈱
内容:高度経済成長期の、新しい変化に富んだ時代に対応した、日本通運の陸海空の輸送の姿を概観した作品。

 (2)「荷役は変る-第四集 システム化への道-」
1971年/21分/カラー/製作:鹿島映画/企画:日本通運㈱
内容:流通革新における荷役・輸送・保管・包装・情報などの部門別の改革から、個々の輸送技術の機能的な組み合わせ=システム化による効率化が求められる中、パレチゼーション、コンテナリゼーション、トレーラー方式などシステム輸送の基本となる作業方式について、さまざまな実例を挙げながら解説した作品。

物流博物館 11月「マンスリー上映会」
物流博物館 11月「マンスリー上映会」

開催日時
2020年11月29日(日)
第1回10:30~/第2回14:00~
※1日2回上映

開催場所
物流博物館
港区高輪4-7-15

交通アクセス
JR・京急 品川駅 徒歩7分
都営浅草線 高輪台駅 徒歩7分

料金
上映会参加は無料 各回15名(要電話予約。お名前・ご住所・電話番号をお伺いしています。)
※要別途入館料 高校生以上200円・65歳以上100円・中学生以下無料

電話番号
03-3280-1616

URL
http://www.lmuse.or.jp/exhibition/event/movie/

備考
※新型コロナウイルス感染症拡大防止のため開催が変更となる可能性もありますので、あらかじめ館の公式サイト・電話などでご確認ください。

マップ