原美術館「メルセデス・ベンツ アート・スコープ2018-2020」

2020/07/23(木) ~ 2020/09/06(日)

観る
品川駅, 北品川駅
原美術館「メルセデス・ベンツ アート・スコープ2018-2020」

2020年7月23日(木・祝)~9月6日(日)、原美術館にて「メルセデス・ベンツ アート・スコープ2018-2020」が開催されます。

1991年から始まった「メルセデス・ベンツ アート・スコープ」は、メルセデス・ベンツ日本による、日本とドイツの間で、現代美術の作家を相互に派遣・招聘し、異文化での生活体験、創作活動を通して交流を図る文化・芸術支援活動。原美術館は2003年よりパートナーをつとめ、滞在の成果を発表する展覧会を開催。
本展は、日本からの派遣作家、久門剛史(ひさかど・つよし/2018年ベルリンへ派遣)、ドイツからの招聘作家、ハリス・エパミノンダ(Haris Epaminonda/2019年東京へ招聘)、そして過去の「アート・スコープ」参加作家の中から招待出品作家として、小泉明郎(こいずみ・めいろう/2010年ベルリンへ派遣)の3名が出品します。いずれも、行動の変容を求められる中で、現在の状況に対峙するような新作が発表される予定。

※入館は日時指定の予約制。
>>>予約方法についてはこちら

【久門 剛史(ひさかど つよし)】
1981年京都府生まれ、在住。2007年京都市立芸術大学大学院美術研究科彫刻専攻修了。近年の主な展覧会に「あいちトリエンナーレ2016」、「東アジア文化都市2017京都 アジア回廊現代美術展」(元離宮二条城)があるほか「MAMプロジェクト025」(森美術館、2018年)、第58回ヴェネチア・ビエンナーレ「May You Live in Interesting Time」(2019年)ではアピチャッポン・ウィーラセタクンとの共作を展示した。チェルフィッチュ『部屋に流れる時間の旅』(2016年)の舞台美術と音を担当、KYOTO EXPERIMENT京都国際舞台芸術祭にて初の劇場作品『らせんの練習』(ロームシアター京都、2019年)を上演。2020年3月より豊田市美術館にて国内初の大規模な個展「らせんの練習」を開催。

原美術館「メルセデス・ベンツ アート・スコープ2018-2020」
久門 剛史 「風」2017年(参考図版)

【ハリス・エパミノンダ】
1980年キプロス、ニコシア生まれ、ベルリン在住。ロイヤル・カレッジ・オブ・アートとキングストン大学(ロンドン)で学ぶ。第52回ヴェネチア・ビエンナーレキプロス代表(2007年)、「若手芸術家のための国立美術館賞」(ドイツ、2013年)ノミネート。第58回ヴェネチア・ビエンナーレ「May You Live in Interesting Times」企画参加アーティスト部門で銀獅子賞を受賞。その他にも「ベルリンビエンナーレ」(2008年)や「ドクメンタ14」(カッセル、2017年)など多数の国際展に出品。日本ではグループ展「万華鏡の視覚」(森美術館、東京、2009年)に出品。

原美術館「メルセデス・ベンツ アート・スコープ2018-2020」
ハリス・エパミノンダ 「VOL. XXVII」2019年 Photo © Andrea Avezzù Courtesy: La Biennale di Venezia 58th International Art Exhibition – La Biennale di Venezia, May You Live In Interesting Times(参考図版)

【小泉 明郎(こいずみ めいろう)】
1976 年群馬県生まれ、横浜市在住。国際基督教大学卒業後、チェルシー・カレッジ・オブ・アート・アンド・デザイン(ロンドン)にて映像表現を学ぶ。主な個展に「MAM Project 009:小泉明郎」(森美術館、2009年)、「Projects 99: Meiro Koizumi」(ニューヨーク近代美術館、2013 年)、「捕われた声は静寂の夢を見る」(アーツ前橋、2015 年)、「バトルランズ」(ペレス・アート・ミュージアム・マイアミ、2018年)など。主なグループ展に『「アート・スコープ2009-2011」―インビジブル・メモリーズ』(原美術館、2011年)、「フューチャー・ジェネレーション・アート・プライズ2012」(ピンチュク・アートセンター、キエフ、ウクライナ、2012年)、「境界:高山明+小泉明郎展」(銀座メゾンエルメス フォーラム、2015年)、「第12回上海ビエンナーレ」(2018年)、「シャルジャ・ビエンナーレ14」(アラブ首長国連邦、2019年)など。「あいちトリエンナーレ2019」にてVR技術を使用した演劇『縛られたプロメテウス』(2019年)を発表。

原美術館「メルセデス・ベンツ アート・スコープ2018-2020」
小泉 明郎 「嵐の後の新たなる息吹」2018年(参考図版)
原美術館「メルセデス・ベンツ アート・スコープ2018-2020」

開催日時
2020年7月23日(木・祝)~9月6日(日)
※当面の間、平日は開館時間を短縮し、水曜日の夜間開館は休止。
⽉曜休館(祝⽇の場合は翌平⽇)

開催場所
原美術館
品川区北品川4-7-25

交通アクセス
JR・京急線 品川駅 高輪口 徒歩15分
京急線 北品川駅 徒歩8分

料金
一般 ¥1,100、大高生 ¥700、小中生 ¥500
原美術館メンバーは無料/学期中の土曜日は小中高生無料/年齢を確認できる書類のご提示により、70歳以上550円/身障者手帳のご提示により、ご本人は半額、介助者1人無料

電話番号
03-3445-0651

URL
http://www.haramuseum.or.jp/jp/hara/exhibition/741/

マップ