「森村泰昌:エゴオブスクラ東京2020−さまよえるニッポンの私」展

2020/01/25(土) ~ 2020/04/12(日)

観る
品川駅, 北品川駅
原美術館
映像作品「エゴオブスクラ」より2020(参考写真)撮影:福永一夫 ©Yasumasa Morimura

2020年1月25日(土)~4月12日(日)、原美術館にて「森村泰昌:エゴオブスクラ東京2020−さまよえるニッポンの私」展が開催されます。

名画や映画の登場⼈物あるいは歴史上の⼈物に⾃らが扮するセルフポートレイト作品で知られる森村泰昌。巧みなメイクや⾐装で、時代や⼈種、性別を超えて様々な⼈物に⾃らが成り代わり、制作を通して原作やその背景に独⾃の解釈を加えてきました。1985 年に「肖像(ゴッホ)」で鮮烈のデビューを果たし、以降、⼀貫して「私」とは何かという問いに取り組む森村は、さらに、⾃らが脚本を⼿がけ⾃演する映像作品や、ライブパフォーマンスへと表現の領域を広げています。本展では、自らが脚本を手がけ自演する映像作品「エゴオブスクラ」と、この映像を用いて会期中開催される作家自身によるレクチャーパフォーマンスを通じて、日本近現代史、文化史に言及します。

【森村泰昌(もりむら やすまさ)】
1951年 大阪市生まれ、同市在住。1985年 ゴッホの自画像に扮するセルフポートレイト写真を発表。以降、「自画像的作品」をテーマに制作を続ける。2014年 ヨコハマトリエンナーレ2014のアーティスティックディレクターを務める。2018年 ⼤阪北加賀屋に「モリムラ@ミュージアム」を開館。「森村泰昌:自画像の美術史―「私」と「わたし」が出会うとき」(国立国際美術館 2016年)、「Yasumasa Morimura. The history of the self-portrait」(国立プーシキン美術館/モスクワ 2017年)、「Yasumasa Morimura: Ego Obscura」(ジャパン・ソサエティー/ニューヨーク 2018年)など国内外で個展を開催。近著『自画像のゆくえ』(光文社新書)など著作多数。2011年、紫綬褒章を受章。

原美術館
映像作品「エゴオブスクラ」より2020(参考写真)撮影:蓮沼昌宏 ©Yasumasa Morimura
原美術館
「モデルヌ・オランピア2018」2018 ©Yasumasa Morimura
原美術館
「ポートレイト(女優)/駒場のマリリン」1995‒2008 ©Yasumasa Morimura
原美術館
「なにものかへのレクイエム(MISHIMA 1970.11.25-2006.4.6)」2006 ©Yasumasa Morimura
「森村泰昌:エゴオブスクラ東京2020−さまよえるニッポンの私」展

開催日時
2020年1⽉25⽇(⼟)~4⽉12⽇(⽇)
11:00~17:00 水曜のみ20:00まで開館(入館は、閉館時刻30分前まで)
休館日、⽉曜(祝⽇の場合は翌平⽇)

開催場所
原美術館
品川区北品川4-7-25

交通アクセス
JR・京急線 品川駅 高輪口 徒歩15分
京急線 北品川駅 徒歩8分

料金
⼀般1,100 円、⼤⾼⽣700 円、⼩中⽣500 円、70 歳以上550 円
原美術館メンバーは無料/学期中の⼟曜⽇は⼩中⾼⽣の⼊館無料/20 名以上の団体は1 ⼈100 円引

電話番号
03-3445-0651

URL
https://www.haramuseum.or.jp/jp/hara/exhibition/842/

備考
日曜には、学芸員によるギャラリーガイドがあります。(14:30より、30分程度)
会期中作家自身によるレクチャーパフォーマンス「エゴオブスクラ東京 2020 バージョン」をご覧いただけます。
日程(予定):いずれも 16:00〜17:00 1 月 25 日(土)、1 月 26 日(日)、2 月 22 日(土)、2 月 23 日(日)、3 月 20 日(金・祝)、3 月 21 日(土)、4 月 12 日(日)
※無料(要入館料)、事前申し込み制。
※詳細は原美術館ウェブサイトに掲載します。

マップ