久米美術館 館蔵品展

2019/01/11(金) ~ 2019/03/10(日)

観る
知る
目黒駅
久米桂一郎「清水寺」1893(明治26)年 油彩

2019年1月11日(金)~3月10日(日)、3月23日(土)~4月14日(日)、久米美術館にて「館蔵品展」が開催されます。

岩倉使節団の一員として欧米12か国を歴訪し、帰国後『米欧回覧実記』を編纂したことで知られる歴史家・久米邦武。その長子で、若くしてフランスで本格的に画学を修め、黒田清輝と共に日本近代洋画の基礎を築いた洋画家・久米桂一郎。館収蔵の資料や絵画作品から、二人の業績を紹介します。

久米美術館館蔵品展
久米桂一郎「雪景」1888(明治21)年 油彩
歴史講座
黒田清輝「久米桂一郎肖像」1897(明治30)年 油彩
久米美術館 館蔵品展

開催日時
2019年1月11日(金)~3月10日(日)、3月23日(土)~4月14日(日)
10:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日:毎週月曜(ただし1月14日(月)・2月11日(月)開館、翌1/15・2/12は振替休館)、3月11日(月)~3月22日(金)

開催場所
久米美術館
東京都品川区上大崎2-25-5久米ビル8階

交通アクセス
JR 目黒駅西口 徒歩1分
東急目黒線・都営三田線・東京メトロ南北線 目黒駅 徒歩2分

料金
一般500円、大学・高校生300円、小・中学生200円

電話番号
03-3491-1510

URL
http://www.kume-museum.com/exhibition.html

マップ