物流博物館 マンスリー上映会 6月

2019/06/23(日)

観る
知る
品川駅, 高輪台駅
物流博物館マンスリー上映会

2019年6月23日(日)、物流博物館にて6月の「マンスリー上映会」が開催されます。

物流博物館は、昭和20年代~50年代の物流に関する映画フィルムを収蔵し、作品の多くをデジタル化。毎月上映会を開催しています。※すべてデジタルリマスター版による上映です。

<上映作品>

①「荷役近代化への道-現場人はいかに闘ったか-」
1966年編集/28分/白黒/製作:マツオカ・プロダクション/企画:荷役研究所
戦後間もない時代の荷役現場の人々の姿を記録した貴重な映画。人力による荷役作業から、初期の機械化実験にいたる様子が描かれています。

②「新しい包装」
1964年/19分/カラー/製作:岩波映画製作所/企画:日本通運㈱
昭和30年代半ば頃から進展した新しい包装のあり方について紹介した作品。当時進行しつつあった包装革命の実際の様子を丁寧に描いています。

③「荷役は変る-第四集 システム化への道-」
1971年/21分/カラー/製作:鹿島映画/企画:日本通運㈱
パレチゼーション、コンテナリゼーション、トレーラー方式などシステム輸送の基本となる作業方式について、さまざまな実例を挙げながら解説した作品。

物流博物館 マンスリー上映会 6月

開催日時
2019年6月23日(日)
①10:30~11:40 / ②13:30~14:40 / ③15:30~16:40

開催場所
物流博物館
港区高輪4-7-15

交通アクセス
JR・京急線 品川駅 高輪口 徒歩7分
都営浅草線 高輪台駅 A1出口 徒歩7分

料金
上映会参加は無料、各回30名(事前申込不要)
※要別途入館料 大人(高校生以上)200円・65歳以上100円・中学生以下無料

電話番号
03-3280-1616

URL
http://www.lmuse.or.jp/exhibition/event/movie/

マップ