品川歴史館企画展「戸越と小山~山路治郎兵衛の筍栽培と足跡~」

2018/03/31(土) ~ 2018/07/01(日)

知る
観る
大森駅, 立会川駅, 大井町駅
品川歴史館企画展戸越と小山
歴史館企画展

毎年4月中旬に武蔵小山商店街連合会が主催している「ムサコたけのこ祭り」は、江戸時代に鉄砲洲(現在の東京都中央区)で廻船問屋を営んでいた山路治郎兵衛勝孝(かつたか)が、孟宗竹の種竹を薩摩藩(現在の鹿児島県)から取り寄せ、戸越の宅地付近で筍の栽培を始めたことに由来しています。その後、孟宗竹の栽培は近隣の小山・中延・目黒に広がり、周辺は筍の一大産地になりました。

山路勝孝の子孫である勝知(かつとも)は、明治時代に戸越村・上蛇窪村(かみへびくぼむら)・下蛇窪村の戸長を務めたほか、現在の品川区立京陽小学校の設立や戸越八幡神社の護持、関東大震災で被災した平塚村への救済など、多くの事績を残しました。
本展では、勝孝と勝知の足跡を辿りながら、江戸時代から大正時代の戸越・小山地域を紹介します。

品川歴史館企画展「戸越と小山~山路治郎兵衛の筍栽培と足跡~」

開催日時
3月31日(土)~7月1日(日)
休館日:月曜日(4月30日を除く)、5月1日(火曜日)

開催場所
品川歴史館

交通アクセス
JR 大森駅 徒歩10分
京急線 立会川駅 徒歩13分
JR・東急大井町線・りんかい線 大井町駅 徒歩15分

料金
一般100円、小・中学生50円
(20人以上の団体は2割引き。70歳以上の方、障害のある方、品川区立の小・中学生は無料)

電話番号
03-3777-4060

URL
http://www.city.shinagawa.tokyo.jp/jigyo/06/historyhp/moyoshi/moyoshi.html

備考
3月27日(火曜日)から30日(金曜日)、7月3日(火)は、展示替えのため休館します。

マップ