ニコンミュージアム 吉田六郎写真展「雪の結晶」

2019/01/07(月) ~ 2019/03/30(土)

観る
知る
品川駅
吉田六郎写真展「雪の結晶」

2019年1月7日(月)~3月30日(土)、ニコンミュージアムにて企画展 吉田六郎写真展「雪の結晶」が開催されます。吉田六郎は現代の雪の結晶の写真によくみられるブルーバック写真の照明法の元祖である「一光源二色照明法」の考案者として知られる写真家・映画監督です。

本展は初となる本格的な回顧展として、吉田六郎が撮影した顕微鏡写真60点を中心に、吉田六郎が用いた撮影システムについての解説、世界で初めてのブルーバックの顕微鏡撮影が用いられた映画『雪・結晶の観察』の上映などを通じ、吉田六郎の雪の結晶写真の全貌を紹介します。

吉田六郎
1919年、秋田県平鹿郡十文字町(現:横手市)生まれ。『雪・結晶の観察(1960年)』で現在の雪の標準的カラー撮影法である「一光源二色照明法」を開発。1970年から雪の結晶写真撮影をライフワークと定め、生涯を通して数千点の写真を残す。1995年12月1日没。著書に写真集『天から送られた手紙』、ポストカードブック『雪の結晶』、絵本『きらきら』(文 谷川俊太郎)など。

吉田六郎写真展「雪の結晶」
吉田六郎と自作の撮影装置
ニコンミュージアム 吉田六郎写真展「雪の結晶」

開催日時
2019年1月7日(月)~3月30日(土)10:00~18:00(最終入館は17:30まで)
※休館日:日曜日、祝日、および当館の定める日

開催場所
ニコンミュージアム
東京都港区港南2-15-3 品川インターシティC棟2F

交通アクセス
JR 品川駅 港南口 徒歩約7分
京急 品川駅 徒歩約10分

料金
無料

電話番号
03-6433-3900

URL
https://www.nikon.co.jp/corporate/museum/events/index.htm#snow

マップ