スルーされがち?な大崎を楽しもう!

遊ぶ
食べる
大崎駅

オフィス街のイメージが強い大崎。「イマイチ何があるのかわからない」「ついスルーしてしまいがち」なんて言われてしまうことも……。大崎って、どんな観光スポットがあるのでしょう? 大崎のご当地キャラクター「大崎一番太郎」に街案内をお願いしました。(2019.9.30公開、10.9追記))

  1. 大崎一番太郎(CV:山口勝平)に大崎のおすすめを教えてもらおう!

  2. というわけで、大崎の魅力を教わりに大崎駅西口商店会のご当地キャラクター「大崎一番太郎」に会ってきました。

    osaki1

    ■大崎一番太郎(おおさきいちばんたろう)

    大崎再開発を成功させるため、「大崎一番星」からやってきた謎のマスコットキャラクター。地球の自然が大好きで、エコロジーにはちょっとこだわりがあるぞ! アタマのベレー帽は、美術館や学校のたくさんある大崎ならではのインテリジェンスな雰囲気を……。カラダの色はもちろん山手線カラー! お腹のマークは、大崎の頭文字「O」と、山手線の大崎駅の位置をあらわしているんだ!(商店街デビューは2006年2月21日)

    ●ニックネーム:イッちゃん
    ●年齢:宇宙歴で6歳くらい
    ●特技:山手線に乗る
    ●趣味:園芸・盆栽・空を見ながらボーッとする
    ●種別:未確認生命体(よくクマや犬に間違われるが、自分でもよくわからない)
    ●性別:男の子
    ●性格:やさしく、のんびり屋さん
    ●身長:0.001宇宙マイル
    ●体重:リンゴ100個分
    ●得意なこと:まばたきをしない
    ●苦手なこと:まばたき

    そんな謎に包まれたキャラクターのCV(キャラクターボイス)を務めるのは……。

    osaki2

    『名探偵コナン』の工藤新一や『ONE PIECE』のウソップを演じる山口勝平さん! どうして山口さんが大崎一番太郎の声を務めているのか気になったので、突撃インタビューを行いました。

    ――勝平さんが大崎一番太郎のCVをしているのは、どういう経緯があったんですか?

    勝平さん:2013年のエイプリルフールに、Twitterで大崎一番太郎とのやりとりがあったことがきっかけですね。あとは、僕がもともと大崎駅を使っていたのもあって。

    osaki3
    ▲当時のTwitterでのやりとりの様子 https://twitter.com/osaki_1bantaro/status/318278851765628930

    ――勝平さんが思う、大崎の魅力ってどんなところですか?

    勝平さん:うーん、ないかな!(笑)

    ――そんな!(笑)

    勝平さん:大崎は、娯楽施設は少ないけれど、地元の方々の勢いがすごいんですよ。「一緒に大崎を盛り上げていこう」と活動できるのが好きなところですね。イベントで地域を盛り上げようと新しく参加してくれる方もどんどん出てきています。

    ――どんなイベントを開催しているんですか?

    勝平さん:JR大崎駅前で毎月開催している手作り市「REACH大崎クラフトマーケット」やコミックマーケットに便乗した「大崎コミックシェルター」は、最近だんだんと知名度が上がってきましたね。

    osaki4
    2019年9月に開催したREACH大崎クラフトマーケットの様子
    osaki5
    大崎一番太郎のグッズを販売している方も
    osaki6
    居木神社の例大祭にも大崎一番太郎が登場。会場を盛り上げていました

    勝平さん:僕が担当する大崎一番太郎のほかに、「スパンキー」「戸越銀次郎」「ノン子」というキャラクター仲間がいます。大崎一番太郎の考案者であるデザイナーの犬山秋彦さんにちなみ、みんなで「犬山家」というんです。

    キャラクターの動きに合わせて僕たち声優が声を当てて演じる舞台「犬山劇場」を定期開催しているので、ぜひ遊びにきてほしいですね。

    osaki7

    10月12日(土)〜14日(祝・月)開催のイベント「第32回しながわ夢さん橋2019」では、大崎一番太郎やスパンキー、戸越銀次郎、ノン子が活躍予定!

    「しながわ夢桟橋」は、地元住民はもちろん、地域のお店や企業、地方の生産者がつながり、盛り上げてきた大崎の一大イベントです。会場では、地方の物産店や手作りアクセサリーを販売する「青空バザー」、地元の有志が熱演する「夢さん橋ステージ」「キッズステージ」など企画が盛りだくさん。

    ※台風19号の影響により「しながわ夢さん橋2019」10/12(土)、10/13(日)両日の開催中止が決定しました10/14(祝)はプログラムの規模を縮小して開催予定です。最新情報は公式サイトをご覧ください。(2019.10.9)

    遊ぶところがないオフィス街だと思っていた大崎で、こんなイベントを開催していたとは……。大崎って私が知らないだけで実は面白い場所がたくさんあるの?

    osaki8

    「じゃあ、大崎のオススメの場所、いろいろ教えてあげるね〜☆」

    というわけで、大崎一番太郎と旅に出発です。

  3. まずはひとっ風呂浴びに銭湯「金春湯」へ。サウナと水風呂を楽しもう

  4. osaki9

    まずはひとっ風呂浴びに行こうと、大崎駅から歩くこと8分。「金春湯(こんぱるゆ)」へやってきました。

    osaki10

    「銭湯に来るのは初めての方も、番台にいるスタッフに気軽に声をかけてくださいね」と店主の角屋文隆さん。

    銭湯内には、入浴後にゆったりできる休憩スペースやサウナも用意されています。サウナに入る場合は、番台で別料金をお支払いしましょう。

    osaki11

    浴室は清潔感があって、居心地の良い空間です。

    osaki12

    サウナは、少し暗めで落ち着けるのが特徴です。8〜10分サウナ室に入り、2〜3分水風呂に入ったあと、サウナ室の前にあるベンチで少し休んで……というセットを3回するのが角屋さんのおすすめ。

    特に最近は、サウナを目当てに訪れるお客さんも多いのだとか。6・18・30枚セットのサウナ回数券も販売しています。

    osaki13

    店内ではサウナハットの販売も。大崎一番太郎にも、サウナハットをかぶらせてもらいました。髪が痛まないようにサウナに入る際にかぶる人が多いそうです。

    osaki14

    風呂上がりには、番台で販売しているクラフトビールを飲んで休憩室でのんびりできるのも嬉しいですね。

    osaki15

    クラフトビールと金春湯オリジナルTシャツは「夢さん橋」でも販売予定だそうです。お見逃しなく! 心身をリラックスさせるため、銭湯を訪れてみてはいかがでしょう。

    osaki16

    金春湯
    ・住所 東京都品川区大崎3-18-8
    ・電話番号 03-3492-4150
    ・営業時間 15:30〜24:00 月曜定休
    ・料金
    入浴代 大人=470円 中人=300円 小人=180円
    サウナ 1回=300円 回数券(6回=1,500円、18回=3,600円、30回=5,000円)

  5. 喫茶店「大崎一番家」で楽しいオーナーとおしゃべり

  6. osaki17

    続いて訪れたのは、大崎駅西口のすぐ目の前にある「ニュー大崎 店舗街」。味のある外観の建物が特徴で、なかには飲食店や小売店がずらりと並びます。地元の人々のちょっとした穴場スポットでもあるそう。

    今回訪れたのは、こちらの「大崎一番家」。

    osaki18

    大崎一番太郎のイラストがたくさん描かれた、かわいらしい外観です。

    osaki19

    「うちはイタリアンレストランじゃなくて、おしゃべり喫茶店やからね」と笑うのは、マスターの田中正家さん。「毎日、ワイドショーは欠かさずみて、ネタを仕込んでいるから」と、話し出したら止まりません。

    osaki20

    もともとはイタリアンレストラン「BISTRANTE OTTO (ビストランテ オット)」だった同店。大崎一番太郎の考案者であるデザイナーの犬山秋彦さんから「大崎を盛り上げたい」という相談を受け、2014年に「大崎一番家」として生まれ変わったのだそう。

    osaki21

    店内にはイラストレーターさんの作品も飾られています。こちらは「ニュー大崎 店舗街」前を描いたものです。

    人気のランチメニューは、ボリュームたっぷりでうれしい「大崎一番牛スタミナカレー」(890円)と「大崎一番ハンバーグ」(990円)。17時30分〜19時30分まではハッピーアワーで、ビールやカクテル、焼酎が280円という超お得な値段に。

    osaki22
    「大崎一番牛スタミナカレー」(890円)
    osaki23
    「大崎一番ハンバーグ」(990円)

    「何より、常連さんになって楽しんでほしい」と田中さん。最近はお客さんの要望に応えて中華メニューも追加したのだとか。

    昼も夜もにぎわう、明るく楽しいお店。元気をもらいたいときに訪れたいですね。

    大崎一番家
    ・住所 品川区大崎3-6-17 ニュー大崎ビル1F
    ・電話番号 03-3490-0111
    ・営業日 ランチ11:30〜 ディナー17:30〜
    土日祝日定休

  7. 「レ ミルフォイユ ドゥ リベルテ」でお気に入りの花を見つけよう

  8. osaki24

    お次に紹介するのは、大崎駅から直結の地上30階、地下2階のビル「ThinkPark Tower」。その周りには、ショップやレストランが並ぶ「ThinkPark Plaza」、屋外多目的スペースの「ThinkPark Arena」、そしてホテルやフィットネスクラブ、メディカルセンターなどがあります。

    osaki25

    今回訪れたのは、「ThinkPark Tower」2階にあるフラワーショップ「Les mille feuilles de liberte(レ ミルフォイユ ドゥ リベルテ)」。

    osaki26

    都内を中心に20店舗展開する同店の中で、大崎店は唯一、カフェが併設されています。

    ランチタイムにパンをゆっくりいただいたあとで、お花を買っていく人も多いのだとか。

    osaki27

    お惣菜パンからお菓子パンまで、さまざまな種類のパンがずらり。オフィスビルの中にあるので、平日はオフィスワーカー、休日は近所のお客さんが中心です。

    osaki28

    お花は歓送迎会などで大活躍だそう。種類や値段に合わせて、店員さんが相談にも乗ってくれます。

    今回は、大崎一番太郎に似合うお花も選んでもらいました!

    osaki29

    「お腹のトレードマークに合わせて、赤のガーベラを選んでみました」と店員さん。緑に赤がとっても映えます。

    いつもお世話になっている人や、自分へのプレゼントにお花を買ってみてはいかがでしょう。

    Les mille feuilles de liberte大崎店
    ・住所 品川区大崎2-1-1 ThinkPark 2F
    ・電話番号 03-5437-0188
    ・営業時間
    平日 flower 10:00〜20:00、café 8:00〜20:00
    土曜 flower 10:00〜19:00、café 10:00〜19:00
    日曜・祝日定休

  9. 和食・洋食・中華が食べ放題の「ザ ブッフェスタイル ロオジ」

  10. osaki30

    「ゲートシティ大崎」は、1999年に開業した巨大複合施設。オフィスビルや住居棟、文化施設棟などから構成され、ローソンやサンリオなどの有名企業の本社も入居しています。

    osaki31

    向かったのは、ウエストタワー地下1階に店を構える「ザ・ブッフェスタイル・ロオジ」。メニューはすべて食べ放題のバイキングスタイルです。

    osaki32

    着席で70〜120人、立食で150人が入れる広々とした店内。特に送迎会やイベントなどの開催場所として人気だそう。

    osaki33

    和食・洋食・中華のメニューが並びます。近所の方やお勤めの方が飽きないよう、ランチメニューは週替わりなのが嬉しいポイント。何を食べるか迷っちゃいますね。

    osaki34

    同店はドリンクもセルフサービス。飲み放題のアルコールは、焼酎12種類、ワインはなんと20種類、他にも日本酒やビールもそろっています。なんとスパークリングワインまで!

    ちなみに、ソフトドリンクは食事代に含まれているので、お酒を飲まない方も安心です。

    osaki34

    デザートにはチョコフォンデュタワーも! ずっとお店にいたくなるような、居心地の良いお店でした。

    ザ ブッフェスタイル ロオジ
    ・住所 品川区大崎1-11-1 ゲートシティ大崎地下1階
    ・電話番号 03-3491-0816
    ・営業時間
    平日 11:00〜15:30、17:00〜22:30
    土日祝 11:00〜16:00、17:00〜22:00

    まだまだ全部を回りきれていませんが、大崎には楽しい場所がたくさんあるんだと今回の取材でわかりました。

    2019年10月12日(土)〜14日(祝・月)の第32回「しながわ夢さん橋」の期間中は、ぜひ大崎に遊びに行ってみてはいかがでしょう。大崎一番太郎さま、ご案内ありがとうございました!

    osaki35

    執筆:松尾奈々絵(ノオト) 編集:鬼頭佳代(ノオト)

    マップ
    大崎一番太郎(CV:山口勝平)に大崎のおすすめを教えてもらおう!
    まずはひとっ風呂浴びに銭湯「金春湯」へ。サウナと水風呂を楽しもう
    喫茶店「大崎一番家」で楽しいオーナーとおしゃべり
    「レ ミルフォイユ ドゥ リベルテ」でお気に入りの花を見つけよう
    和食・洋食・中華が食べ放題の「ザ ブッフェスタイル ロオジ」