品川寺
品川寺
品川寺 鐘
品川寺本堂

品川寺

旅人を見守った江戸六地蔵、大梵鐘のある品川の古刹

観る
青物横丁駅
品川寺
品川寺
品川寺 鐘
品川寺本堂

海照山普門院 品川寺は、真言宗醍醐派の別格本山で大同年間(806~10)開創と伝えられる品川区で最も古いお寺です。本尊は水月観音(非公開)。東海七福神の毘沙門天を祀っています。

入口にある大きな銅造地蔵菩薩坐像は「江戸六地蔵」の一つで神田の鋳物師 太田駿河守正義の作。東京都有形文化財に指定されています。
鐘楼にある大梵鐘は「洋行帰りの鐘」と呼ばれています。梵鐘は慶応3年(1867)パリ万国博覧会出品後に行方不明となりましたが、スイス・ジュネーヴで発見され、60余年を経て昭和5年(1930)に里帰りを果たしました。

境内の大イチョウは幹囲5メートル、35センチ、樹高25メートルで樹齢は約600年。秋にはこのイチョウから取れる「厄除開運ぎんなん」が人気となっています。

品川寺

住所
〒140-0004 東京都品川区南品川3丁目5-17

交通アクセス
京急線 青物横丁駅 徒歩4分

電話番号
03-3474-3495

URL
http://honsenji.net/index.htm

マップ