海雲寺
海雲寺
海雲寺
海雲寺

海雲寺

春と秋の千躰荒神祭は大変な賑わい「品川の荒神さん」

観る
知る
青物横丁駅, 品川シーサイド駅
海雲寺
海雲寺
海雲寺
海雲寺

海雲寺は、鎌倉時代中期の建長3年(1251)のに海晏寺(臨済宗)の一塔頭として開かれました。慶長元年(1596)に曹洞宗に改められ独立。本堂には本尊十一面観音像を安置しています。また、鎮守として千躰三宝大荒神王を祀っています。

荒神堂に祀られている千躰荒神は江戸時代よりかまどの神様、台所の守護神として多くの人々から信仰されています。毎年3月と11月の27.28日に行われる千躰荒神祭では、荒神堂の中で一日中護摩が炊かれ、お札が授与されます。この日は、境内から青物横丁駅まで、露店が軒を連ね大勢の参拝者で賑わいます。お釜の形をした「釜おこし」が名物です。

荒神堂内には信徒の奉納した27面の扁額があり、文久元年(1861)奉納の雌雄二鶏図の絵額は、板ガラスの裏から描いた絵を表からみる「ガラス絵」で、区内唯一の貴重なものです。
海雲寺

住所
〒140-0004 東京都品川区南品川3-5-21

交通アクセス
京急線 青物横丁駅 徒歩3分
りんかい線 品川シーサイド駅 徒歩10分

電話番号
03-3471-0418

URL
http://www.sentaikoujin.com/index.html

マップ