菜の花1

「目黒のさんま 菜の花」はサンマの看板が目印

菜の花2

約20分焼き上げる「目黒のさんま塩焼き」(490円)

菜の花3

カウンターは13席、奥には約13人が座れるテーブル席も

菜の花4

9〜12月頃には新さんまを入荷

菜の花5

調理スタッフの小幡和夫さん

目黒のさんま 菜の花 権之助坂本店

目玉は「さんま七変化」 三陸の味を届ける居酒屋

食べる
目黒駅
菜の花1

「目黒のさんま 菜の花」はサンマの看板が目印

菜の花2

約20分焼き上げる「目黒のさんま塩焼き」(490円)

菜の花3

カウンターは13席、奥には約13人が座れるテーブル席も

菜の花4

9〜12月頃には新さんまを入荷

菜の花5

調理スタッフの小幡和夫さん

目黒通り沿いの権之助坂にある「目黒のさんま 菜の花」は、サンマをはじめ旬の魚介を味わえる居酒屋。同名落語の舞台・茶屋坂で創業したことから、「サンマづくしの店」というコンセプトで営業しているのだとか。

目玉は「さんま七変化」と銘打つ7種類のサンマ料理。なかでも、赤外線グリルで約20分かけて焼き上げる「目黒のさんま塩焼き」がイチオシ。そのほか、素揚げしたサンマをタレと絡めて焼き、大根おろしと一緒にいただく「おろしポン酢」や「ガーリックソテー」「かば焼き」「南蛮」「つみれ汁」(以上490円)「梅肉揚げ」(590円)などをそろえます。

アルコールメニューは「黒ラベル」(生小=390円、中=535円)や「角ハイボール」(490円)のほか、魚料理に合う日本酒を厳選。岩手の「三陸」(490円)や宮城の「浦霞」(535円)などがおすすめです。同店では、毎月3・13・23・30・31日を「目黒のさんまの日」として割引企画を実施。対象はサンマの塩焼きのほか、「サワー」(390円〜490円)や「二階堂ボトル(麦)」「黒霧島ボトル(芋)」(以上2,350円)などです。

「良いサンマは腹がふっくらと張っているもの」と話すのは調理担当の小幡和夫さん。ほかにも、口先の色や目の濁りに鮮度が表れるのだとか。9月から12月にかけては、旬の新サンマを味わいに、遠方からも常連のお客さんが集まってくるそうです。

また、仕入れ先である三陸地方にはスタッフ一同で年に数回訪れるそう。宮城県・女川町直送の魚介で作る「三陸盛り」(880円)は、代金のうち100円を寄付金として預かり、同町を訪れた際に復興支援として手渡しています。三陸地方から届く豊かな味を、ぜひ目黒で確かめてみては。

目黒のさんま 菜の花 権之助坂本店

住所
〒153-0064 東京都目黒区下目黒1-1-15 菊ビル1F

交通アクセス
JR・東京メトロ南北線・都営三田線・東急目黒線 目黒駅 徒歩2分

営業時間・定休日
平日 11:30〜14:00、17:00〜24:00
土曜日 17:00〜23:00
日曜・祝日定休
※9月は日曜・祝日も営業予定

電話番号
03-3491-0323

マップ