清光院・奥平家墓域
清光院・奥平家墓域
清光院奥平家墓域

清光院・奥平家墓域

都内でもめずらしい広大な大名墓地 3mを超す巨大墓

観る
新馬場駅
清光院・奥平家墓域
清光院・奥平家墓域
清光院奥平家墓域

臨済宗大徳寺派の清光院は、慶安3年(1650)に肥後国字土藩(熊本藩支藩)の藩主、細川行孝が母を開基として建立したと伝わります。もとは東海寺の塔頭のひとつでしたが、明治維新後に独立しました。

品川区指定史跡「奥平家墓域」は、瓦積の土塀に囲まれた598㎡のという大名墓域としては都内有数の広さで、89基の墓碑があります。奥平家は徳川家譜代大名で、4代昌能の時代に清光院に墓所を定め、以後代々の藩主らが葬られており、中には3メートルを超える墓も。

また、摂津国(現大阪府)高槻藩主「永井家墓所」には49基の墓碑があり、2代直時以降、昭和にいたるまでの当主・夫人等が葬られています。
墓地内には他に能楽の金春・大蔵両家の歴代の墓、庭園には茶道江戸千家の祖・川上不白の建てた千利休の追遠塔「利休居士石浮図」があります。
清光院・奥平家墓域

住所
〒140-0004 東京都品川区南品川4-2-35

交通アクセス
京急線 新馬場駅 徒歩6分

電話番号
03-3474-8890

マップ