GWを満喫!品川区内のレジャースポット

遊ぶ
観る
知る
天王洲アイル駅, 大井町駅, 品川駅

2019年のゴールデンウィークは、なんと10連休。旅行や帰省で遠出するのも素敵ですが、品川区内にも、あまり知られていない穴場スポットがたくさんあるんですよ。アクティブな方にもゆっくり休みたい方にもおすすめの「穴場」スポットをご紹介します。(2019.4.26)

  1. 「SKY ART JAPAN」のフライトシミュレーターで飛行機の操縦体験!(品川)

  2. 品川区内にいながら本格的な空の旅を楽しめるのが、御殿山エリアにある「SKY ART JAPAN」。ここでは、フライトシミュレーターを使った航空機の操縦に挑戦できます。

    施設内に一歩足を踏み入れると、正面には本物のキャビンを再現した機体の一部が! 空港さながらのアナウンスを聞きながら、カウンターで受付を済ませましょう。

    操縦体験の前に、今日のフライトコースについてインストラクターから説明を受けます。

    準備が整ったら、いよいよ機長としてコックピットに乗り込みます。大型航空機「ボーイング777」を細部まで再現した操縦システムは、プロの訓練用に開発されたもの。窓からの景色やボタンの光、管制塔からの指示音声も、できる限り本物に近づけていて、想像以上の迫力を味わえます。

    この日は、羽田空港から離陸して上空を旋回し、着陸する一連の流れに挑戦。副機長席から、実際の飛行機の操縦資格を持つインストラクターがサポートしてくれるので安心です。

    世界4万5000カ所の空港から、好きな場所を選んで操縦できます。特に、自分が行ったことのある場所や、景色の綺麗な空港がおすすめだそう。

    初心者向けの「シミュレーター体験コース」のほか、夜間飛行や季節の風景を楽しむコースも。パイロット制服のレンタルサービスもありますよ。パイロットを目指している人を対象に、本格的なレッスンも受け付けています。

    同施設を運営するのは、自身もパイロット資格を持つアルパ・アブドラさん。「航空業界に憧れる人が、より夢に近づけるように」と、プロ用のシステムを導入した一般向け施設を作ったそう。操縦体験を通して、本物のパイロットや航空機について気軽に質問できるのも、魅力の一つかもしれません。

    「SKY ART JAPAN」
    ・住所 東京都品川区北品川6-7-29 ガーデンシティー品川御殿山 1階
    ・電話番号 03-3440-6777
    ・営業時間 10:00〜18:00
    ※WEBサイトからの事前予約制、料金前払い(日時変更は1年間有効)
    ・料金
    【シミュレーター体験コース】
    キッズ&ジュニアフライト=6,000円 ※18歳未満のみ
    30分=1万1,000円
    60分=2万円

  3. 「VILLARS climbing 品川」でボルダリングに挑戦(新馬場)

  4. 新馬場駅から徒歩2分にある「VILLARS climbing(ヴィラーズ クライミング) 品川」は、大人から子どもまでみんなが集まるボルダリング施設です。

    オリンピック種目にも選ばれた「ボルダリング」は、壁に並んだ色とりどりのホールドのうち、指定されたホールドだけを使いながらゴールを目指す競技。自分のペースで進められ、体だけでなく頭も使う意外性に惹かれて、ハマる人が多いそう。

    初回登録後は、フリータイム料金で時間を気にせず利用できます。フリータイムの料金内で利用できるビギナースクールの用意も。

    同店の特長は、2階に設けられたカフェスペース。壁面との距離が近いため、競技者と同じ目線でのアドバイスができるそう。ファミリー利用の際は、お子さんの様子を見守りながら休憩できるのもうれしいですね。

    カフェメニューは、オーナーこだわりの自然環境に配慮したコーヒー豆を使った「ハンドドリップコーヒー」(300円)や「フレッシュオレンジジュース」(400円)、「COEDO 瑠璃」(550円)などのクラフトビールなど。一汗かいた後の一杯にどうぞ。

    「VILLARS climbing 品川」
    ・住所 東京都品川区北品川2-21-7 VILLARS品川ビル1F
    ・電話番号 03-6433-9926
    ・営業時間 平日=14:00〜22:00(最終受付21:00)、土曜・日曜・祝日=11:00〜21:30(最終受付20:00)
    ※2019年5月4日〜6日は12:30から営業
    ・料金 初回登録料=1,000円、レンタルシューズ=300円、フリータイム=小学生900円〜、中高生=1,100円〜、大人1,300円〜

  5. 「ネスカフェ 睡眠カフェ」でぐっすり眠ってリフレッシュ(大井町)

  6. 連休中、アクティブに遊ぶ予定が続く方にぴったりの、心身が休まるスポットも。2019年3月、大井町駅近くにオープンしたばかりの「ネスカフェ 睡眠カフェ」は、コーヒー飲料を販売するネスレ日本株式会社が運営するユニークな施設です。

    「日頃十分な睡眠がなかなか取れない人に、良質な睡眠体験をしてもらおう」という施設。「睡眠コース」では、マットレスの硬さを選べる「フランスベッド」で、最大3時間まで仮眠できます。

    眠る前にカフェインレスコーヒー、起床後はカフェインを含むコーヒーが提供されます。コーヒーを飲み分けることで、くつろぎながら眠りにつき、シャッキリと目覚められるそうです。

    無料オプションとして、「睡眠計測アイマスク」も貸し出します(1時間以上のコースのみ)。装着すると睡眠中の脳波がリアルタイムで計測され、起床後に自分の睡眠の質をチェックすることができるそう。また施設内は、森や川などからサンプリングした音が流れ、人間がくつろげる光を計算したIoT照明「フィリップス Hue(ヒュー)」が置かれています。

    睡眠コースのほかには、レザーチェアで30分の仮眠をとる「ナップコース」も。ちょっとしたスキマ時間に試してみたくなりますね。利用時は、WEBサイトで空きを確認するのをお忘れなく。

    「ネスカフェ 睡眠カフェ」
    ・住所 東京都品川区大井1-7-7 K-2ビル5階
    ・営業時間 9:00〜18:00 (最終受付17:30)
    ・料金 ナップコース=750円、睡眠コース=1,500円〜
    ※WEBサイトからの事前予約可

  7. 「建築倉庫ミュージアム」で建築模型の面白さを知る(天王洲)

  8. 2016年にオープンした「建築倉庫ミュージアム」は、建物を設計する際に作られる「建築模型」を中心に展示する、国内唯一のミュージアムです。2018年にリニューアルされ、現在は2つの展示室と保管倉庫を備えています。

    海外では「作品」とみなされる建築模型ですが、日本ではあまり注目されてこなかったそう。この施設では、建築模型の保存活動を進めるほか、より広く模型の魅力を伝えようとさまざまな企画展を行っています。

    2019年のゴールデンウィーク期間、展示室Aでは「ガウディをはかる – GAUDI QUEST –」を開催(6月30日まで)。スペインの建築家アントニオ・ガウディの作品に惚れ込み、40年にわたり作品群の大きさを図り続ける実測家・田中裕也さんの活動を紹介しています。

    田中さんの図面作品を中心に、ガウディ作品を「はかる」という観点で楽しめる展示です。

    写真左の階段は、右壁に貼られた大きな模写図内の数センチ四方部分を実寸サイズの模型で再現したもの。見比べることで、そのスケールに驚かされますね。

    また、展示室Bでは「– Green, Green and Tropical – 木質時代の東南アジア建築展」を開催中(5月6日まで)。インドネシアやマレーシアなどの建築模型やインテリアが並びます。

    フィリピンのデザイナーが設計した木製の椅子(写真左)は、不思議な座り心地が人気なのだそう。こうした体験型の展示も積極的に取り入れています。

    ちなみに、ミュージアムショップでは、ガウディの建築図面にちなんだ手ぬぐい(2,160円)など記念グッズも販売しています。

    また、改装中だった模型倉庫は、4月26日から見学受付を再開しました。実際の設計時に製作された建築模型の数々の中に、馴染みの建物が見つかるかもしれませんね。

    「建築倉庫ミュージアム」
    ・住所 東京都品川区東品川2-6-10
    ・メール info@archi-depot.com
    ・営業時間 11:00〜19:00(最終入館18:00)、月曜定休
    ・料金 一般=3,000円、 大学生・専門学校生=2,000円、 高校生以下=1,000円
    ※倉庫見学は、先着順の予約制(各回15分程度)。見学当日に、受付にてお申し込みください。
    平日=12:00、15:00、土曜・日曜・祝日=12:00、15:00、17:00

  9. 「スタインウェイ&サンズ東京」でとびきりのピアノの音色を(天王洲)

  10. 最後に紹介するのは、天王洲エリアの運河沿いにあるショールーム「スタインウェイ&サンズ東京」です。ここでは、世界各地のコンサートホールなどで使用される「スタインウェイ&サンズ」のピアノを見学・試奏できます。

    「ヨーロッパのサロン風の書斎」をイメージしたエントランスは、暖炉や本棚に囲まれた穏やかな空間。実は本棚の一部が隠し扉になっており、その先にショールームがあるんです。

    「スタインウェイ&サンズ」は、ドイツ出身のヘンリー・E.スタインウェイがアメリカで設立したピアノメーカー。1年以上をかけて、職人が素材にこだわり1台ずつ手作業で作り上げます。中には、希少な木目の化粧板が使用されたピアノや特別なデザインの限定ピアノも。

    別室には、スタインウェイ&サンズが開発した自動演奏ピアノ「SPIRIO」を楽しめるラウンジも。まるで、目の前で世界の著名なピアニストが弾いているようなライブ感が味わえます。

    「多くの人にスタインウェイ&サンズのピアノに親しんでもらいたい」という思いから、常時さまざまなイベントを開催。ゴールデンウィーク期間の4月28日は、若手ピアニストの茂呂明日加さん・汐里さん姉妹の演奏会が企画されています(定員30名・事前予約制)。

    また、5月4日〜6日の3日間は、「スタインウェイで朝食を」と題して食事をしながら気軽に音楽を楽しめるイベントも。特に「こどもの日」である5日は、お子さん向けに、より親しみやすいプラグラムを予定しているそう。

    「スタインウェイ&サンズ東京」
    ・住所 東京都品川区東品川2-6-4 G1ビル1階
    ・電話番号 03-3450-7270
    ・営業時間 11:00〜19:00
    ※ゴールデンウィークの営業日は、4月27日〜28日、5月4日〜6日

    「茂呂 明日加 & 汐里 ジョイントコンサート」
    【日時】4月28日 17:00開場、17:30開演
    【入場料】1,000円(定員30名) 事前予約制

    「スタインウェイで朝食を」
    【日時】5月4日〜6日 10:30〜11:30、12:30〜13:30(5日のみ)
    【入場料】1,500円(定員各回12名) 事前予約制

    心も体も余裕を持って過ごせる連休は、普段なかなかできない体験ができるチャンスかもしれません。近場に広がるユニークな施設に足を運び、新しい出会いを楽しんでみては。

    事前予約制をおすすめしたいスポットが多いため、遊びに行く前の準備をお忘れなく!

    (取材・文:森夏紀 編集:鬼頭佳代)

    マップ
    「SKY ART JAPAN」のフライトシミュレーターで飛行機の操縦体験!(品川)
    「VILLARS climbing 品川」でボルダリングに挑戦(新馬場)
    「ネスカフェ 睡眠カフェ」でぐっすり眠ってリフレッシュ(大井町)
    「建築倉庫ミュージアム」で建築模型の面白さを知る(天王洲)
    「スタインウェイ&サンズ東京」でとびきりのピアノの音色を(天王洲)