大崎・五反田で満喫、こだわりディナー

食べる
大崎駅, 五反田駅

2023年1月8日(日)まで開催中の「目黒川みんなのイルミネーション」。せっかくならイルミネーションと合わせて、おいしいディナーも楽しみたいところ。今回は、大崎・五反田の目黒川沿いにあるおすすめスポットをご紹介します。ちょっと大人なお店からカジュアルに楽しめるお店まで、大崎・五反田らしい5店舗が登場しますよ!(2022.12.2)

  1. 熟成豚を使った本場イタリアの味でお腹いっぱいに「ぽるこ」(五反田)

  2. 五反田駅を出て、5分ほど歩くと赤い看板の「ぽるこ」が見えてきます。2013年にオープンし、来年で10周年を迎えるお店です。

    口コミでじわじわと人気が広がり、ランチタイムには行列が。イタリアでの修業経験を持つ店主・田島真樹さんがこだわりの食材でつくるイタリアンを求めて、若者から年配の方まで、近隣で働く会社員やご近所さんなど幅広い方がやってきます。

    「はじめの頃は、イタリアンの豚肉専門店としていろんな部位をさまざまな料理で提供していました。常連さんも増えてきて、ご要望にこたえていくうちに、イタリアのお母さんの味を楽しめるようなお店に変わってきましたね」と田島さん。

    こだわりの豚肉は、青森県・長谷川自然牧場の熟成豚を使用。養豚は6カ月間飼育が一般的ですが、こちらの熟成豚は10カ月飼育しているのだとか。通常よりも長く飼育することで、甘く、柔らかい豚肉になるそうです。さらに長谷川自然牧場さんでは、自家製飼料を使っているので臭みも少なく、肉のうまみがギュッとつまった逸品なのだとか。

    田島さん自らが豊洲で仕入れた新鮮なお魚など、さまざまな季節の食材を組み合わせて日替わりメニューを決めています。これからの時期は、ヨーロッパ産の白トリュフが登場!

    「10〜12月は珍しい白トリュフも出しています。リゾットや生ハム、チーズと合わせると絶品。好みに合わせたワイン常時数種類を準備しているので、お料理と一緒に楽しんでもらえれば。来年は10周年イベントも控えているので、ご期待ください!」旬の味をぜひ堪能しちゃいましょう。

    ぽるこ
    ・住所 東京都品川区東五反田2丁目9−7 ピロティ五反田 1F
    ・電話番号 03-6753-6472
    ・営業時間 ランチ11:30〜13:30、ディナー17:30〜22:00(日曜はディナータイムのみ)
    ・定休日 月曜
    ・URL https://www.facebook.com/porco0819/

  3. 五反田ヒルズで四季を感じる、大人なひとときを「和酒和食 月。」(五反田)

  4. 五反田ヒルズの2階にある和食と日本酒が楽しめる「月。(つき)」は、2022年11月で2周年を迎えたお店です。

    五反田ヒルズとは、目黒川沿いのビジネスホテル「ホテルロイヤルオーク五反田」の低層階にある飲食店街のこと。昭和レトロな雰囲気が漂う昔ながらのスナックや新進気鋭な立ち飲み店など、五反田で働く人々のオアシスになっています。

    「10年近く西五反田界隈でお店を経営してきて、いつか五反田ヒルズにお店を出したいと思っていました」と語るのは、着物でお出迎えしてくれたこのお店のオーナー、平見浩志さん。店内は、カウンターと個室を合わせると16席ほど。隠れ家のような落ち着いた雰囲気に「あれ? ここって五反田だったよね……?」と、疑ってしまいます。

    「お料理と日本酒がメインのお店です。お客様には五感で四季を味わっていただけるようにと、味だけではなく見た目や温度にまでこだわった料理と日本酒を提供しています。寒くなってくるこれからの時期は『月見とろろの宮崎牛なべ』や、お燗もおすすめです」

    「月。」でぜひ味わってもらいたいのが、天然の南マグロの刺身(2,200円)。大トロ・中トロ・赤身が2切れずつ提供されているので、ひと切は醤油でベーシックに。もうひと切は、塩とオリーブオイルでいただくと味わいの変化を楽しめます。日本酒も常時100種類が並ぶとのことで、マグロと日本酒のペアリングもおすすめです。

    ちなみに日本酒は550円(90ml)から味わうことができます。普段あまり日本酒を飲まない方なら「日本酒のレモンサワー」(770円)がおすすめ。これを飲んですっかり日本酒の虜になってしまった人もいるそうです。お料理とお酒で季節の移ろいを感じながら、大人なひとときを過ごしましょう。

     

    和酒和食「月。」
    ・住所 東京都品川区西五反田1丁目9−3 2F−45
    ・電話番号 03-6417-3955
    ・営業時間 17:00〜23:30
    ・定休日 祝日・日曜
    ・URL https://www.instagram.com/washuwashokutsuki/

  5. こだわりの日本ワインとおいしい料理で笑顔になっちゃう「ブロディ」(五反田)

  6. 最近よく聞く「日本ワイン」。何を飲んだらいいのか、どんな種類があるのか……もっと知りたいなら、五反田駅近くの「日本ワインとスパイス ブロディ」へ!

    長年シェフとして経験を積んできた代表の柏雄司さんが「日本ワインをもっとたくさんの人に知ってもらいたい」と2018年にオープン。東中野で5年以上お店を続けていましたが、日本ワインを広めるため、山手線沿いの五反田へやってきました。

    店内には、柏さん自らが生産者さんを訪ね厳選した日本ワインが並びます。「日本ワイン」とは、日本国内で栽培されたぶどうを100%使用して国内で醸造されたワインのこと。

    「生産者さんの声を代弁するのが僕の役目。自分が飲んで、おいしいと感じたものをお客さんには提供したいんです。そのためには現地の風景とか、ワインが作られるまでのストーリーを自分の目で確かめておきたいんですよね」と、柏さん。近年話題になっている、北海道や栃木、長野のワイナリーについて、熱い思いを語ってくれました。

    ブロディには、こだわりの日本ワインと共に味わいたい料理も充実! 定番メニューの「スパイス玉子」(380円)や、寒くなる時期に人気の「ブイヤベース」(2,800円)は外せません。

    「日本ワインも料理もどっちも楽しみたい人、お待ちしています! うちは、ひとり飲みもウェルカム。日本ワインは飲みやすく悪酔いしないので、ひとりで1本空けちゃうお客さんもいるんですよ。ここ数年、素晴らしいワイナリーが続々できています。お気に入りの1本を探しに、ぜひお越しください」(柏さん)

    おいしく、楽しく、日本ワインがいただけるブロディ、おすすめです!

    日本ワインとスパイス ブロディ
    ・住所 東京都品川区東五反田2丁目7−10
    ・電話番号 03-6908-5195
    ・営業時間 ランチ:平日のみ11:30〜13:30、ディナー:平日17:30〜23:00、土曜17:00〜23:00
    ・定休日 日曜・祝日、不定休あり(SNSでご確認ください)
    ・URL https://www.instagram.com/brodygotanda/

  7. お酒と共に楽しむ本格インド料理「アヒリヤ 大崎ゲートシティ店」(大崎)

  8. 在日インド人が通うお店としても知られている、インド料理店「アヒリヤ」。代々木店に続き、2007年に大崎ゲートシティ店がオープンしました。駅直結の複合施設「ゲートシティ大崎」内にありながら、大通りに面した色鮮やかな外観が目印です。

    オーナーであるシン・アミターブ・クマールさんが故郷の味を求め、当時日本では数少なかった本格インド料理の店を始めたそう。アヒリヤのおいしさが口コミで広がり、今では青山・宇都宮・目黒と5店舗を経営するまでに。そのおいしさは、インド大使館からも度々注文が入るほどの本格派。厨房では、インドの星付きレストランで経験を重ねたシェフたちが腕をふるっています。

    クマールさんは「こだわりは“スパイス”です。フレッシュで香り高いものを厳選し使っています。日替わりのカレーを食べに、週に何度も足を運んでくれる常連さんがいますよ」と教えてくれました。

    インド料理と聞くとまずカレーが思い浮かびますが、アヒリヤではカレー以外のインド料理も充実。特に夜のメニューでは、タンドゥール(壷型の窯)を使った本格マハラジャ料理が楽しめます。インドワインやベルギービールとの相性も◎。

    裏メニューのアフガンプロン(1,969円)

    「インド料理はお子様からお年寄りまで幅広い年代に楽しんでもらえる料理です。一度アヒリヤのインド料理を味わうと、インド料理への固定概念が取り払われ、その奥深さに驚くはず。カレーしか食べたことがない人にこそ、アヒリヤのディナーを味わってほしい。おいしいお酒と共に、本場の味をお楽しみください」とクマールさん。

    ランチはカレー、夜はお酒と共に本格インド料理に酔いしれましょう。

     

    アヒリヤ 大崎ゲートシティ店
    ・住所 東京都品川区大崎1-11-5 ゲートシティ大崎1F
    ・電話番号 03-3492-3084
    ・営業時間 ランチ11:00~15:00、ディナー17:30~23:00(L.O. 22:30)
    ・定休日 なし
    ・URL http://www.ahilya.jp/

  9. テラス席もおすすめ! クラフトビール&お肉でお腹も心も大満足「大崎キッチン」(大崎)

  10. 2020年3月にオープンした「大崎キッチン」は、目黒川を望むテラス席があるお店です。春や秋などちょうどいい気候の時は、外の風を感じながらクラフトビールを堪能できます。

    「クラフトビールとこだわりの料理のペアリングを楽しむ」がコンセプト。チーフマネージャーの田中充さんにお話を伺うと「常時10種類ほどのクラフトビールを提供しています。クラフトビールにあまり馴染みのない方は、ヒューガルデン ホワイトから味わってみるのが良いかもしれませんね。焼きガキとの相性もいいですよ」とのこと。

    クラフトビールは好みに合わせておすすめを教えてもらえるほか、少量ずつお試しできるセットがあったり、ペアリングのおすすめがメニュー表に記載されていたりと、ビール好きから初心者さんまで幅広い人が楽しめる工夫が散りばめられています。

    人気メニューの「7種盛りミートプレート」(3,619円)は、ボリューム満点。家族や仲間とシェアして楽しめる逸品です。

    「桜や紅葉の時期には、テラス席が人気。平日はサラリーマンのみなさん、土日は近隣にお住まいの方々で賑わいます。コロナ禍でオープンしたお店ですが、少しずつみなさんに利用いただき、常連さんも増えてきました。おいしい料理とクラフトビールでみなさまのお越しをお待ちしています!」と田中さん。

    最近は、結婚式の二次会やパーティなど貸切需要も増えてきたそう。大崎キッチンで、仲間とともに楽しい時間を過ごしたいですね。

    大崎キッチン
    ・住所 東京都品川区大崎 1-5-1 大崎センタービル 1F
    ・電話番号 03-6417-3536
    ・営業時間 ランチ11:30〜14:30、ディナー(月曜〜土曜)17:00〜23:00(日曜・祝日)15:00〜22:00
    ・定休日 なし
    ・URL https://kitchen.dkdining.com/osaki/

    五反田ふれあい水辺広場

    「目黒川みんなのイルミネーション」に合わせて訪れたい、大崎・五反田のグルメスポットをご紹介しました。ちなみに、イルミネーションをじっくり眺めるスポットとして「五反田ふれあい水辺広場」もおすすめです。仕事帰りや休日に、この季節だけ楽しめる特別な景色を楽しんでみてくださいね。

    ※記事中の店舗情報は2022年11月上旬の内容です。店舗の営業時間、提供内容は変更となる場合がありますのでご了承ください。撮影時のみマスクを外していることがあります。

     

    (取材:つるたちかこ 編集:森夏紀/ノオト)

     

    <『大崎や五反田を満喫したい』関連記事はこちら>
    「スルーされがち?な大崎を楽しもう!」
    https://shinagawa-kanko.or.jp/featured/osaki01/

    「品川・五反田・大崎で朝食が食べたい!個性派名店5選」
    https://shinagawa-kanko.or.jp/featured/morning5/

    「五反田周辺の個性派カレー店5選」
    https://shinagawa-kanko.or.jp/featured/gotanda-curry/

    「五反田TOCビルの魅力を満喫しよう!」
    https://shinagawa-kanko.or.jp/featured/toc/
    「五反田で仕事帰りの一杯を!五反田バレー企業のおすすめ店5選」
    https://shinagawa-kanko.or.jp/featured/gotanda-valley/

    マップ
    熟成豚を使った本場イタリアの味でお腹いっぱいに「ぽるこ」(五反田)
    五反田ヒルズで四季を感じる、大人なひとときを「和酒和食 月。」(五反田)
    こだわりの日本ワインとおいしい料理で笑顔になっちゃう「ブロディ」(五反田)
    お酒と共に楽しむ本格インド料理「アヒリヤ 大崎ゲートシティ店」(大崎)
    テラス席もおすすめ! クラフトビール&お肉でお腹も心も大満足「大崎キッチン」(大崎)